Modeling Tiger I

XNAを学ぶために作り始めたモデルビューワがだいたい形になってきました。

20100905a

20100905b

同時進行でMayaでモデリングしていたティーガー戦車も完成しました。ポリゴン数はおよそ14500、ディフューズマップとノーマルマップ、スペキュラーマップを使っています。スペキュラーマップにはスペキュラーマスクとエッジハイライト、オクルージョンマップをRGBチャンネルそれぞれに配置してあります。

レンダリングは光と影を別々に計算して描き、シャドウマップをマスクにして合成しています。光の描画ではフォンシェーディングを基本に、環境光をオクルージョンマップにオーバーレイで合成して陰に色味を持たせ、陰の描画ではライトの計算はせずに環境光とオクルージョンで柔らかいライティングにしています。環境光は半球ライトで空と地面の色を線形合成している感じです。

ようやく時代に追いついたかな?という感じです。

最新のビューワにてレンダリングした画像です。(2015年5月更新)
tiger_20150526011601

tiger_20150526020003

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中