Wireframe

モデルビューワならワイヤーフレームぐらい表示できたほうがいいよね、ということで取り組んでみました。

これが一番単純でよくあるワイヤーフレーム表示なんですが、奥行きがわかりにくいし、ポリゴンの構造が把握しずらいですよね。

ワイヤーフレーム表示にもいろいろありますが、モデルの上にワイヤーフレームが上書きされているような表現がわかりやすいし、見た目も格好いいかなと思いました。

深度のバイアスをいじったワイヤーフレームをモデルの手前に描画することで上手くポリゴンに乗っかるように見せることができます。バイアスの調整がちょっと面倒かな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中