Point Sprite Particle

ロケットを飛ばしたくなったのでパーティクルに取り組んでみます。

particle_00

アポロ計画が大好きなのでサターンVロケットをデフォルメでモデリングしました。

 

particle_01

ロケットエンジンを噴射させてみました。ポイントスプライトのパーティクルを利用しています。無数の頂点のベクトルや座標、寿命などをプログラム側で計算し、そのデータをシェーダに渡して描画という流れです。噴射の表現は加算テクスチャーの炎を2種類と、アルファテクスチャの煙を重ねて描画しています。出現する時間をずらして炎から煙へ変化しているように見せています。

 

particle_02

どうせならと、青空の背景をつくってみました。

 

particle_03

月の背景もつくってしまいました。アポロと言えばこれですからね。詳しい人からロケットが分離していないと突っ込みが入りそうですが。

P.S
せっかくポイントスプライトパーティクルを覚えたところですが、今後廃れていく(DirectX10,11では廃止されたらしい)事実を後になって知りました。悲

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中