Modeling F-16

この秋に発売される戦闘機モノのゲーム映像を見ていたら衝動的に戦闘機を作りたくなり、週末にモデリングしてみました。流線型のモデリングに挑戦したいと思っていたので戦闘機はちょうどよいかと。選んだモデルはデザインが好きなF16 Fighting Falconです。

まずは大雑把にモデリングです。一日半ぐらいの作業量でしょうか。これでも意外とまだ3000ポリゴンぐらいと少なめです。流線型のモデリングもラインの流れを意識すればそこまで難しくないですね。スペキュラーが入るのでポリゴンの割り方には若干注意が必要な感じです。

ポリゴン数的にもまだまだ余裕があるので、さらにディテールを追加していくつもり。コックピット内部なんかもこだわりたいですね、できれば・・・。

ビューワにてレンダリングしてみました。半透明マテリアルが入ったのでリアルな反射を研究しみたいですね。

「Modeling F-16 #2」へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中