屈折シェーダ

とあるゲームを遊んでいたら表面の歪んだ窓ガラスの擬似的な屈折表現が目に留まり、ちょっと取り組んでみようと思いました。表面の凸凹具合(法線)から周囲のピクセルを参照して歪めるといった感じです。背景を一度描画した後に屈折モデルを描画するという2パスのレンダリングをしています。ちょっと面倒ですね。

歪み具合によって色収差を加えてみたりしてみました。水面やガラスといったもののみならず、陽炎など空間を歪める表現にも応用できそうです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中