Modeling Panzer Grenadier

ドイツ軍の装甲擲弾兵(そうこうてきだんへい)をモデリングしてみることにしました。実は趣味でも仕事でも人間のキャラクターモデリングをしたことがありません(試作は何度かあるのですが)。なんだか人のモデリングが出来ないとモデラーとして一人前じゃない気がしてきたので、頑張ってみます。入門的な意味でも一世代前のローポリゴンな感じでキャラクターをつくってみようと思います。目標は装備品を入れて2500ポリゴン程度、テクスチャーも低解像度の手描きで、リアルとデフォルメを7対3ぐらいの比率で考えてます。

 

winter_grenadier_01a

一日作業して、大雑把にモデリングは出来ました。今回は人なのでいろんな角度からプロポーションの修正をしていく作業でした。メカモデリングとは違った難しさがありますね。パースビューでの頂点移動はカメラの視野角がわりと影響するので35mm、50mm、100mmと切り替えれるようなスクリプトを書きました。

 

winter_grenadier_01b

デフォルトのランバートライトが何となく気持ち悪かったのでライトをオフにしてワイヤーフレーム表示にしての作業がしっくりきました。それと、モデルを回しながらシルエットを意識してポリゴンを割ってみたら、メリハリがついたように思います。シルエットが大事なのはイラストを描くときと一緒ですね。でもちょっとまだバランスに自信がないかも。

というわけで、キャラクターモデリングをしてみて気が付いたことを書いてみましたが、プロのモデラーさんらから見れば当たり前のことばかりかもしれませんね~・・・。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中