Stock Chart

任天堂株のPokemon Goによる急騰急落のチャートを見ていたらチャートプログラムを作ってみたくなったので基本だけ作ることにしました。

 

stockchart_20160810143953

株価データのCSVファイルを配信しているサイトを見つけたので、これを利用して作ってみることにしました。まずはCSVファイルをネットから読み込む仕組みから作り、株価の終値を線グラフで描画してみました。同じ要領で移動平均線も描画。

 

stockchart_candlestick_20160811

はじめは線グラフでいいかなと思っていたのですが、やはり窓開けを確認するためにローソク足チャートを作ることにしました。これだけで急に株価チャートっぽくなりますね。

 

stockchart_20160809235954

出来高も表示してみました。自分が特に大事だと思っている価格別出来高も右側に表示するようにしました。売り圧力や買い圧力がある程度視覚化できます。売買代金を出来高で割ったその日の平均株価を価格帯で割り振るという計算をしました。

 

stockchart_20160811121750

標準偏差を使って値動きの幅を表すボリンジャーバンドも作ってみました。相場が膠着状態だと幅が狭まり、動くと広がっていきます。移動平均線からどれだけ価格が離れているかを過去にさかのぼって偏差を調べ、その値をバンド幅で表すという計算式です。

 

stockchart_companylist

検索機能もつくりました。アルファベットの上場企業リストを見つけられなかったので海外サイトからスクレイピングで取得しました。東証の1部と2部だけで2500社ぐらいあります。自分の知っている会社なんてほんの一部なんだなと思います。

 

stockchart_20160816130340

検索中に候補を表示するような仕組みにしました。これで検索から結果表示までの基本的な流れの仕組みが出来ました。

自分で作ってみると仕組みがわかって面白いものですね。大雑把に概要を理解しているつもりでも数式で理解するのとでは納得感がだいぶ違いますね。一般的なチャートを見ながら「こんな機能があればいいのに」とか「こんな見せ方をしたらわかりやすいのに」とか思うことがあるので自分で機能を作っていこうと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中